申告のポイント

相続税の申告をする際にはまずさまざまな書類を集めることになります。財産関係についての書類から身分に関する書類まであります。これらは法務局や役所、銀行などへ足を運んで集めることになるでしょう。そして、集めた書類を元にして実際に相続税の申告書を作成することになります。それを税務署へ提出します。

税務署相続税には基礎控除額があります。それは3千万円が基本となり、さらに法定相続人の数に600万円をかけた数字となります。遺産総額が基礎控除額を超えるならば、その分については相続税の納入が必要となるのです。申告するべき期間としては、相続を知った日の翌日から10ヶ月までとされています。

もし申告漏れがあると税務調査がされることもあるため注意しましょう。たとえば相続人が知らなかった隠し財産が判明したり、書類を記入する際にミスがあったというケースがあります。このような場合には税務調査がされる可能性があるでしょう。特にかなりの遺産が残されている場合には税務署は本気になることが多いです。もし税務調査を受けたならば、正直に申告をすることが大切です。税務署を相手にして誤魔化すことは不可能なため、正直に答えましょう。

以上のようなポイントに注意をして申告をしましょう。